ヘンリー塚本監督について

■生い立ち
1943年東京都江東区亀戸に生まれる。73歳(2016年現在)
第二次世界大戦中に生まれ父と兄を防空壕中で焼夷弾を浴び亡くす。
千葉県夷隅郡に疎開し少年時代を過ごす。ここでの経験が後の作品に大きな影響を与える。
1985年にAVメーカー『FAプロ』を設立
昭和にこだわった作品及びロマンポルノ風のドラマ仕立てが特徴で近親相姦、青姦、レイプ、寝取られ等、昭和への情熱、郷愁を胸にこれまでに2000タイトル以上をリリース。
特に昭和シリーズは根強い人気がある。

■「FAプロ」設立の経緯
結婚もして洋裁の仕事をしていた37歳の時に、生命保険を解約し発売されたばかりの民生用のビデオカメラ(35万円程度)を購入。
ポルノを撮りたいが撮影に慣れる為に「結婚式、子供の運動会、なんでも撮ります」と新聞の3行広告を出す。
その時のメーカー名は「ファミリービデオプロ」。これがFAプロの前身になる。
しかし広告を出すと「自分たちのセックスを撮って欲しい」と秘密の依頼ばかり。
モザイクを入れてAVメーカーに売り込むと高評価をもらい現金買いしてもらうことに。
以後ハメ撮りに挑戦し自分一人で撮影、編集、営業、納品、を手掛けるようになる。
次第に収入も増えてスタッフも雇えるようになり今の「FAプロ」となる。
尚、現在も「FAプロ」の作品は全て、ヘンリー塚本監督自ら脚本、撮影、編集、女優の面接も行っている。
女優さんの採用基準は「ベロの長いこと」それだけポルノにおいては接吻シーンが重要な行為であると認識。それと「貧乏っぽい女」。
参考文献:『セックスのすすめ』著:ヘンリー塚本

■エピソード
1.作品のエンディングに出演者が手をつないで踊るシーンは「トーク・トゥ・ハー」という外国映画をヒントに誰でも踊れる振付けを本人が考案。作品を見てくれた人が最後によかったなと感じてもらう為の演出。
2.出演者の衣装は監督自身が洋裁の仕事をしていた事もあり、監督自らが作っている。

■主な出演女優と出演作品

川上ゆう 小池絵美子 浅井舞香 北原夏美 椎名りく
川上ゆう 小池絵美子 浅井舞香 北原夏美 椎名りく
縄縛 女子社員の淫らな勤務時間 公園の中の公衆便所 人妻変態痴女 婚期を逸した女の性 女は誰もがみんなマスをかく
黒木小夜子 酒井ちなみ 円城ひとみ 結衣 坪倉史歩
黒木小夜子 酒井ちなみ 円城ひとみ 結衣 坪倉史歩
昭和エロス 涙のエロ本 人生劇場 不純 狂い咲く四十路 人妻の不倫目的 哀れなる者 汝の名は女なり 連続婦女暴行魔 ヘンリー塚本 夏 青姦劇場

・リンク先の説明
名前=当サイト出演動画一覧(タグ)、サムネイル=記事、作品パッケージ=DMM商品紹介ページ